緑のカプセルと瓶

インフルエンザには、A型とB型とC型があります。
このうちウィルスが変異するのはA型とB型ですが、B型のウィルス変異が緩やかなのに対し、A型は少し手ごわくて、ウィルスも新型のものが多く現れます。
またA型は人から人だけではなく、トリやブタ等の動物にも感染するので、これもウィルス変異の多い原因となっており、トリインフルエンザもA型の一種です。
インフルエンザA型の特徴は、まず高熱が出ること。いきなり38度から39度位の熱が出て、寝込んで大変なめに合います。
また、B型が消化器系の下痢や腹痛の症状が出るのに対し、A型では気管支系の、のどの痛み、咳等が出やすくなります。
A型では筋肉痛や関節痛などの全身症状も出ます。

感染しやすい時期は、空気が冷たく乾燥している11月から2月。乾燥や低温から喉を守るためにも、外出時はマスクをするのがおすすめです。
風邪との区別については、風邪の場合でもだるさとか筋肉痛はありますが、インフルエンザA型ではそうした全身症状がはっきりと現われます。
また風邪ではよくくしゃみや鼻水が出ますが、インフルエンザA型では鼻というよりも喉が痛くなります。
それから、風邪だと熱は次第に高くなりますが、インフルエンザA型では急に高熱が出ます。
もちろん、風邪のひきかたには個人差があり、いつも喉から症状が出て、扁桃腺が腫れて高熱が出るというパターンの人もいるでしょう。
この場合は区別がしにくいですが、高熱が出た時はいずれにしても病院へ行きましょう。
このようにインフルエンザA型ではいきなり高熱が出ることで風邪との区別がつきやすいのですが、人によっては熱がそれほど高くならない場合もあります。
それでも、インフルエンザは悪化すると肺炎や脳炎を起こす場合があるのであなどれません。
だるさや筋肉痛などの全身症状がきつくて、喉の痛みがひどいようであれば、一度病院で調べてもらった方がいいでしょう。

病院で診察してもらった結果、A型やB型インフルエンザに罹患していた場合はタミフルやリレンザといったお薬が処方されます。
インフルエンザにかかった場合はこのタミフルやリレンザで確実に治療すべきです。
また両方ともインフルエンザ治療の代名詞とも言えるお薬ですが、リレンザは高い効果が期待できるお薬として、そして副作用の心配が少ないお薬として有名です。
ただしリレンザはウィルスに感染後48時間以内に服用しないと効果が下がると言われているので、インフルエンザかなと思ったら早めに病院にいくことが重要です。
感染したとしても病院へ行く時間がない、行ける自信がない、という場合はリレンザの通販サイトを利用すればあらかじめ買い置きしておくことができます。
もしもの時のためにリレンザを薬箱へ入れておけば、インフルエンザに感染しても安心できます。

記事一覧

インフルエンザというのは、毎年冬場の乾燥した季節になると流行しやすいものであり、いったんかかってしま...

喉に違和感がある場合、流行期にはすでに感染していることもあるので、インフルエンザの予防接種を受けてよ...

インフルエンザは、感染後2日前後の潜伏期間を経て発症後急激なスピードで増殖する為、突然の38度を超え...

ソ連型など複数の種類があるインフルエンザですが、流行期間中に風邪とは異なる体調不良に見舞われた時には...

花粉

インフルエンザは個人の免疫力だけでも回復を望むことが可能ですが、何日も高熱が続くと体力を奪われて危険...

せきが出ている女性

寒くて空気が乾燥するような時期に突然高熱が出たり、身体のあちこちに痛みを感じた時、内科のある病院を受...

マスクをかける女性

インフルエンザにかかってしまった場合には大半の人が病院に行って治療薬をもらってくるようになっています...

薬を飲む女性

風邪と違い、インフルエンザは症状が重い事が多く、体が思うように動かず寝ている時間が長くなります。 高...