• ホーム
  • インフルエンザ発熱後1日で脳症に?お薬事典で確認

インフルエンザ発熱後1日で脳症に?お薬事典で確認

花粉

インフルエンザは個人の免疫力だけでも回復を望むことが可能ですが、何日も高熱が続くと体力を奪われて危険な状態になることも多いので、高齢者は特に注意が必要になる病気です。
予防接種なども積極的に行い、インフルエンザに備えておくことが望まれます。
インフルエンザに感染すると、潜伏期間を経て症状が発症します。
すぐにタミフルなどの専用の薬を服用すればウイルスの増殖を抑えることができるので、あまりひどくならずに回復する傾向があります。
10代の子供はタミフル服用後に異常行動がみられる場合もあることから、家族がそばで見守ることが不可欠です。

免疫が活動を始めてウイルスに対抗すると、熱が上昇してきます。
インフルエンザの場合には、38度以上の高熱が3日程度続くことが多くなります。
風邪をひいたときなどは無理に熱を下げないほうが良いといわれていますが、高熱の場合、体力の消耗につながるため、免疫の活動を妨げない程度までは解熱させたほうが体の負担が軽減されます。
解熱剤を用いると体に良く無い影響が出る恐れがあるので、濡れタオルや氷などを活用して外から冷やすようにすると体が楽になります。
医師の判断で解熱剤を処方されたときには、飲んだ方が良いです。
インフルエンザは発熱後1日程度で、合併症として脳症を起こすことがあります。
けいれんや意識障害などが発生したらすぐに医師に診てもらうべきです。
タミフルなどの薬と解熱剤を併用したために影響が出ることがあるので、病院から処方された場合のみ解熱剤は用いるべきです。
タミフルなどの治療薬は正しく服用することが求められ、処方を受けたときに説明が行われますが、忘れてしまったり薬の説明書をなくしたりした時には、お薬事典を参考にすると良いです。
インターネットでも見ることが可能で、薬効や使い方などの説明が行われているので、参考になります。

関連記事