• ホーム
  • 気管支喘息の症状でインフルエンザ治療薬を摂取法

気管支喘息の症状でインフルエンザ治療薬を摂取法

せきが出ている女性

寒くて空気が乾燥するような時期に突然高熱が出たり、身体のあちこちに痛みを感じた時、内科のある病院を受診すると医師からインフルエンザであると診断を受けることがあります。
このとき処方される治療薬には、タミフルのような経口摂取をするタイプと、リレンザやイナビルのような吸入器を使って摂取するタイプの2種類がありますが、気管支喘息を持っている人が治療薬を摂取する際にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。

気管支喘息の患者がインフルエンザの治療薬を摂取する場合は、その前に必ず気管支喘息の治療薬を体内に取り込んでおく必要があります。
これは、吸入タイプのインフルエンザ治療薬を用いる場合には特に注意が必要で、気管支喘息の治療薬を投与せずにインフルエンザの治療薬に手を付けると、気管支痙攣が起こる可能性が指摘されています。
気管支痙攣が起こる原因は、インフルエンザウイルスに感染することで気道の過敏性が高まるためで、実際にこのような症状が出た場合は吸入タイプのインフルエンザ治療薬の使用を取りやめて、薬を処方された病院で医師に相談し、適切な処置を受ける必要があります。

吸入タイプの治療薬の使用が原因の気管支痙攣は、気管支喘息の患者だけでなく、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者にも起こる可能性があります。
そのため、医療機関では気管支喘息やCOPDの症状を持つインフルエンザ患者に対しては、薬剤を吸入した後に気管支痙攣が起きる可能性があることを説明するとともに、実際に症状が起きた時に早期に症状を緩和できるように短時間作用型の気管支拡張薬を一緒に処方する措置がとられています。
もし、調剤薬局ではなく通販サイトから吸入タイプのインフルエンザ治療薬を購入しようとしているのであれば、気管支拡張薬も一緒に購入して備蓄しておくと良いでしょう。

関連記事